【情報委員会】衛星データの活用を考える研究会

2021/07/20

お知らせ 情報/国際(委)

アイキャッチ

7月14日(水)13:30より、「衛星データの活用を考える研究会」と題して情報委員会を開催しました。今回は山口県産業技術センターとの共催とし、同センターの多目的ホールで開催させていただきました。

講師として、山口大学名誉教授で同大学の大学研究推進機構特命教授の三浦房紀様、山口県産業技術センター企業支援部電子応用グループリーダーの藤本正克様のお二方にご講演いただきました。

三浦特命教授からは「応用衛星リモートセンシング研究センターについて」と題して、先生が尽力されてJAXAの西日本衛星防災利用研究センターの誘致が実現した経緯や、衛星から得られるデータについて、主に防災への活用の面からご説明いただきました。

藤本様からは衛星データを活用した新事業の創出のために設立した「衛星データ解析技術研究会」の活動の現状について具体的な事例を交えてご説明いただきました。

お二方の講演を通じて、山口県の優位性と言える衛星データについて、我々民間人が主体的に活用方法を考え、ビジネスチャンスに繋げていくことが重要であると認識しました。

研究会終了後には、山口県産業技術センターの前田理事に館内施設を案内いただき、3Dプリンターなどの最新鋭の設備を見学させていただきました。